カテゴリー

『ビジネスローンとは?』

当ページのリンクには広告が含まれています。

会社経営や事業運営を行う際には、緊急で資金調達が必要になることがあります。

しかし、銀行の融資審査には時間がかかることも多く、銀行頼みではスピーディーに資金調達できない可能性が高いのも現実です。

クレジットカードなどのキャッシングサービスを利用するのも一つの手ですが、金利の高さなどを考えると手が出しにくいものです。

このような緊急的な資金調達への悩みを抱えた企業から支持を受けているのが、「ビジネスローン」。

この記事では、ビジネスローンの特徴や他資金調達方法との違い、利用する際の注意点などについて解説していきます。

ビジネスローンについて

ビジネスローンとは、金融機関や消費者金融、信販・クレジット会社等が提供する事業資金専用の融資サービスです。ビジネスローンは法人経営者だけでなく個人事業主も利用することが可能ですが、事業経営を行なっていない個人が利用することはできません。 ビジネスローンで借り入れた資金は、新規事業の立ち上げや工場・オフィス等の設備投資、運転資金、取引先への支払い資金など、事業に関わる多用途に活用することができます。

融資が速く、手続きも簡単

そして、ビジネスローン最大の特徴は、「融資スピードの速さ」と「手続きの簡便さ」。 公的融資や銀行融資ほどは審査が厳しくないうえ、担保・保証人不要で申し込むことができるため、融資までのスピードが速く、提供会社によっては最短即日〜翌日、遅くとも10日程度で融資を受けることができるのです。 さらに、ビジネスローンは、貸金業者から借り入れる資金総額に上限を設けた総量規制の対象外と
なるため、年収の3分の1以上の資金も借り入れることが可能です。

ビジネスローンの注意点

以上のように利点が多い一方、利用する前におさえておきたいのが、「最大借入可能額」と「金利」です。審査スピードが速い一方、ビジネスローンの最大借入可能額は公的融資や銀行融資に比べて低く設定されています。提供会社にもよりますが、数十万円〜数百万円、多くとも一千万円前後のものがほとんどです。しかしながら、限度額の範囲内であれば何度でも借入れを行うことが可能。そのためビジネスローンは、緊急時の少額調達を目的とした場合の利用がおすすめです。

また、キャッシングサービスに比べて低額とはいえ、ビジネスローンの金利は公的融資や銀行融資に比べると高く設定されています。とはいえ、利用する金融機関やローン会社、借入額によって大きく幅があるため、目的や返済目途と合わせ、慎重に比較検討を行いましょう。

ビジネスローンは緊急性が高い資金調達におすすめ

ここまでご紹介してきたように、ビジネスローンはその融資スピードの速さや手続きの簡便さから、資金調達の緊急性が高い際には特に頼れる存在です。

ですが他にも、キャッシングサービスやカードローン、クラウドファンディングやファクタリングなど多様な資金調達の手段があります。

近年注目されつつあるファクタリングは、自社の売掛金をファクタリング会社に売却し、手数料を差し引いた金額を決済期日前に受け取ることができるという革新的なシステム。
このように、資金調達方法は新たに拡大され続けており、多様になってきています。
そのため、様々な資金調達方法を把握し、借入用途やシーンに合わせて使い分けることが効率的な会社経営・事業運営の鍵を握るのです。

記事のシェアはこちらから
目次