カテゴリー

医療ファクタリングとは

当ページのリンクには広告が含まれています。

医療ファクタリングは病院経営の中、短期的な資金調達や資金繰りの改善が可能であることから、医療機関が利用できる「医療ファクタリング」が医療機関にとって大変重要な役割を担っています。

目次

医療ファクタリングができる債権

医療業界に認知されてきた医療ファクタリングですが、そもそも医療ファクタリングとは、その名の通り、病院や調剤薬局、歯科医院や介護事業者などの医療機関がもつ医療報酬をファクタリング会社が買い取り、早期に資金調達をすることをいいます。通常、医療機関が診療報酬を現金として受け取ることができるのは約二か月後です。診療報酬のうちの7割が二か月後に入金されますが、それまでは患者が支払う3割の診療報酬のみで
運営していかなければならないという厳しい現実が医療機関にはあります。

「診療報酬債権ファクタリング」...医療機関の診療報酬に対するファクタリング

「歯科診療報酬債権ファクタリング」...歯科医院の診療報酬に対するファクタリング

「介護報酬債権ファクタリング」...介護事業者の診療報酬に対するファクタリング

「調剤報酬債権ファクタリング」...調剤薬局の調剤報酬債権に対するファクタリング

診療報酬債権ファクタリング

診療報酬債権ファクタリングは国の機関である国民健康保険や健康保険組合と、医療機関、そしてファクタリング会社との3社間で行われます。

歯科診療報酬債権ファクタリング

歯科診療報酬債権のファクタリングも、基本は診療報酬債権のファクタリングと同じ流れです。

介護報酬債権ファクタリング

介護報酬債権のファクタリングも、診療報酬債権のファクタリングと流れは同じとなっています。

調剤報酬債権ファクタリング

調剤報酬債権のファクタリングも、診療報酬債権のファクタリングと流れは同じです。

記事のシェアはこちらから
目次