カテゴリー

国際ファクタリングとは

当ページのリンクには広告が含まれています。

国際ファクタリングは、輸出取引における代金回収業務を確実にする仕組みです。輸出業に携わっている方にとって代金回収は重要ですが、海外とのやり取りに時間がかかったり、商取引の習慣が違うので問題点もしばしば。そんな輸出業者の悩みを解消してくれるのが国際ファクタリングというサービスです。国際ファクタリングを利用することで、輸出時に海外の販売先に対する売掛債権をファクタリング会社に保証してもらえます。国債ファクタリングを上手く駆使すれば、海外企業相手であっても簡単かつ安心して代金回収を行う事が可能です。

目次

国際ファクタリングの概要

輸出取引における代金回収業務を確実にできるのが国際ファクタリング。もともとは取消不能信用状や保証状を入手して、輸出国の輸出貿易保険等を利用するのが一般的な方法でした。しかし取引が煩雑で長期間を要するために、輸入業者の信用リスクを避ける場合はファクタリングを利用するという新しい選択肢が生まれたのです。輸出業者はファクタリング業者から売掛債権分の代金を100%回収でき、安全に国際的な商取引を結ぶことが出来ます。国際ファクタリングでは、全世界のファクタリング会社が連携しているので、日本では大手銀行系列のファクタリング会社しかそのサービスを提供できないため、利用可能な国には制限がありますし、比較的大口の取引に限定されています。

仕組み

国際ファクタリングは、ファクタリング会社に手数料を支払い、もしも輸入業者が支払いをしなかった場合にファクタリング会社が保証するという仕組みです。つまり、ファクタリング会社に債権の回収を「委託」をしています。輸入業者は、あらかじめ輸出業者と取り決めた期日までに、別の取引に係る代金をファクタリング会社が指定する金融機関まで支払うのです。ファクタリング会社は、支払いを確認したら、売掛債権の額面と債権譲渡に係る手数料を差し引いて輸出業者に代金を支払います。

輸出業が抱える問題点

海外輸出業の場合、取引相手の信用情報が国内の取引と比べて入手しにくいため、相手の支払い能力を見極めることが難しく、貸し倒れリスクを正確に見積もることができないことが問題です。

メリットとデメリット

メリットは、取引先の信用リスクに関わらず輸出者の代金回収が保証されることです。輸出者とファクタリング会社がファクタリング契約を結んだ段階で、輸出業者がもつ売掛債権はファクタリング会社に譲渡され、ファクタリング会社が責任をもって債権の管理・回収を行うことになります。さらに、輸入者の与信管理を強化できるという点が挙げられます。

デメリットは、手数料です。通常のファクタリングと比較して、海外のファクタリング会社を経由することになるので、手数料も高くなる傾向があるのです。それでも輸入業者の債務不履行で大きな損害を被るよりは安い保険料でしょう。

記事のシェアはこちらから
目次